ネットの誹謗中傷にはこうやって立ち向かっていこう

コメントは受け付けていません

然るべき人に相談をする

ネットに悪口を書かれていたり、プライベートな写真が掲示板に張られていたりと、最近では有名人だけではなく、一般人も巻き添えになることが多くなっています。いつ自分に降りかかるのか?そのことについては誰も知る由もありません。明日は我が身と感じ、しっかりとその対策を練っておくことが大切です。ひとつだけするべきことは、然るべき人に相談することです。違法性があるように感じれば警察や弁護士、ネットの誹謗中傷を消したい場合は、それを専門に扱う業者が良いでしょう。

ひとりで解決しようとしないこと

相手は満たされることを望んでいます。嫌がっている素振り、抗議してくることを望んでいるのです。承認欲求があり、それを満たすようなことがあれば、さらなる刺激を求めてもっと酷い誹謗中傷に発展することもあります。よって自分で対処するのはとても危険です。話せばわかるとコンタクトを取ろうとする人も多く、かえって逆効果になることも多いですので、決して自分一人で解決をすることがないようにしましょう。だからこそ然るべき人に相談することが求められます。

ネット誹謗中傷は専門的な対策が求められる

ネットの誹謗中傷は目につかないようにするのがひとつの対策です。相手にこれ以上は書かないことを求めても、刺激をするだけです。専門的な観点から、立ち向かうようにしましょう。有効的な策としてSEO対策があります。検索順位を下げて、多くの人に見られないようにする方法になり、特に店舗に対する嫌がらせなど有効的な手段です。また削除依頼を出すのも効果的な判断です。なかなか対象者だけにはできないことであり、専門的な知識が必要になりますので業者に依頼してください。

サジェストとは検索エンジンでキーワード入力したときに、入力の途中で検索候補が表示される機能のことです。意図したキーワードをさせられるので集客効果も高く、サジェスト対策をする企業が増えています。

作成者

検索

ページトップへ戻る